So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

Dell Optiplex740 ボタン電池を交換したら立ち上がらないぃー。 [パソコン]

 寒く[雪]なってくると、パソコンが立ち上がらなくなるという事象が、多くなってきますね。昔は、ハードディスクが回らない(?)、なんてのか、ありましたが、今は、内蔵電池が、古くなってきて、微妙に記憶を保っていたのに、電圧ギリギリを下回り、パソコン氏が「あれっ? 俺って新品のパソコン?」なんて、記憶喪失になっちゃうんですよねぇ。
 で、大体は、電池を交換すれば、解決するのですが、今回のSOSの主役は、Dell Optiplex740。このパソコン、電池交換すると、立ち上がらなくなるんです[がく~(落胆した顔)]
  • Dell Optiplex740 BIOS Ver.2.0.12
  • Phoenix BIOS Ver.6.00PG

 電池交換ですが、すばやく交換してはダメな様です。訳が判らなくなっているまま、それが継承されてしまい、立ち上がりません。ですので、電池を取って、しばらく置いて、完璧に(?) 記憶喪失にしてから、電池を入れましょう。
 電源ケーブルを挿した時点で、勝手に立ち上がっちゃいますので、他のケーブル類は、先に差し込んでおきましょう。こんなメッセージが出ました。

Diskette drive 0 seek failure

下の方に、F1 continue F2 SETUP とありますので、F2キーを押して、BIOSのセットアップをしましょう。
とりあえず、左の方に表示されるメニューから、System の Date/Time を合わせましょう。
同じく、左のメニューに Drive があると思います。
そこの、Diskette Drive を、Off にします。(FDD は積んでないし、ブートの邪魔をするかも。)
次に、Drive 0 : SATA-0 を、On (これは、HDD)
更に、Drive 1 : SATA-1 を、On (これは、CD/DVD Drive)
一応、System の HDD Boot Sequence から、
1.SATA-0 :
2.Bootable Add-in Cards
に、なっているか確認します。
立ち上がらない時は、ここが、2.Bootable Add-in Cards のみになっています。

ここまで設定したら、BIOSの設定を終わります。
Esc to exit Setup とありますので、Escキーを押します。
Save / EXIT を選んで、Enter。

これで立ち上がると思います[るんるん]が、立ち上がらない場合[たらーっ(汗)]は、一旦、Drive 0 : SATA-0 を Off にしてから、Save して再起動させて、また、BIOSで、On にすると良さそうです。

 なんでもいいけど、デフォルトで、HDD が OFF なのはヤメテ下さい[ちっ(怒った顔)]。私はともかく、持ち主は、悲壮ですよ。企業だと、いっぺんに導入したりするから、バラバラと一時期に、立ち上がらなくなるって事ですよねぇ。とにかく、Dellさん、時計が狂う[時計]ぐらいで、勘弁して下さい。よろしく、お願い、御、奉り候でござんす。
nice!(0) 

backwpup_db_restore.phpが無いじゃん!! [パソコン]

 WordPressのバックアップ、皆さんは、どうしてますか? どうしても一度、サブマシンにコピーしなくてはならない状況になったので、BackWPupというプラグインを入れて、やってみました。
 他のブログ等を参考に、バックアップは取れました。FTPでも、それを吸い出しました。展開して、サブマシンに全部、FTPでコピーしました。で、最後にブラウザから、'backwpup_db_restore.php'を起動して、設定してちょちょいのちょい[るんるん]
「backwpup_db_restore.php とやらが無いじゃん[ふらふら]
「リストアできないじゃん[もうやだ~(悲しい顔)]
 探しましたよ。血眼になって[目]。たどり着いたのが、"cant find file backwpup_db_restore.php"というスレッドで、そこには、「今は、もう無いよ。自力でやりな。」[爆弾]
 結局は、WordPress日本語ホームページの、Codexの、"データベースの復元"を参考に、コマンドラインから、
'# mysql -u [user] -p [wordpress database file] < [wordpress database backup file].sql'
と、入れて、リストア終了(たぶん)[あせあせ(飛び散る汗)]
 という訳で、あっしの様な、どうにかLinuxをイジっている者には、ハードルが高いです。ふぅ[たらーっ(汗)]

Windows Server2008にマキノV33が繋がらないぃー [パソコン]

 あっしなら涙目[もうやだ~(悲しい顔)]です。どうやら、Windows Server2008のファイル共有に、牧野フライス製作所さんのV33からだと、参加できない雰囲気なのです。ドメインを立てて、ユーザーの管理をしているとかは、問題なさそうです。で、どうしても、繋がらなかったので、苦肉の策[たらーっ(汗)]で、乗り切る事にしました。今回は、こんな感じ(実名じゃないですよ)。
サーバー
  • OS : Windows Server2008
  • ドメイン(グループ) : KON
  • ファイル共有ディレクトリ : D:¥Yui (結局使わない)
  • ファイル共有名 : ¥¥KON¥YUI (結局使わない)
  • 自IP Address : 192.168.0.1
クライアント
  • OS : Windows XP
  • ユーザー名 : Azusa
  • ファイル共有ディレクトリ : MyDocuments¥Muttan
  • ファイル共有名 : ¥¥AZUSA¥MUTTAN
  • NetBIOS over TCP/IP : On
  • 自IP Address : 192.168.0.2
  • Gate Way : 192.168.0.2
  • DNS : 192.168.0.2
  • WINS : 192.168.0.2
牧野V33
  • OS : Windows CE
  • 制御 : Professional 5
  • 自IP Address : 192.168.0.3
  • DNS : 192.168.0.2
  • WINS : 192.168.0.2
  • 接続するファイル共有 : ¥¥AZUSA¥MUTTAN
  • ユーザー名 : KON¥AZUSA
  • パスワード : [Azusaのログインパスワード]

 さて、本当は、V33は、サーバーを見に行きたいのです。でも、弾かれて(?)しまいます。なので、仕方がないので、クライアントとして使っていたXPパソコンを、V33のサーバーにすることにしました。更には、クライアントとは言うものの、自分の名前は、自分で管理してしまうという、曖昧な特性を活かして(?)、XPからは、サーバーを見に行かない設定にしてみました。もちろん、V33も、自分が繋ぎたいファイル共有マシンを、最初に探しに行くのを、XPになるように設定しています。もしかしたら、XPは、DNSやWINSの情報を、サーバーに求める設定にしてもいいのかもしれません。せめて、セカンダリは、DNSもWINSも、サーバーを見に行ってもいいかもです。よく分りません[手(チョキ)]
 ただ、問題は、密かに忍び寄って来ます。XPが、近いうちに、サポート終了[爆弾]になりますよねぇ。となると、サーバーの管理人さんが「そげんデンジャラスなクライアントは、繋げておけんばいっ」と言いはじめます。どうします? そうなったら、まずは、XPパソコンを捨てられない様に、死守して、で、仕方がないので、XPパソコンと、V33だけが配線されている、ほぼスタンドアロンのネットワークを維持するしか、なさそうです。「じゃぁ、データは、どげんすれば良かとよ?」ですよねぇ。USBメモリを持って、ウロウロしますか…。何だが、ちょっと前の、フロッピーを持ってウロウロを思い出すんですけど…。マシニングオペレータの受難[ふらふら]は続きますなぁ。
 ちなみに、ドメインが立っていると、V33の設定のユーザー名欄は、XPのユーザー名である"AZUSA"だけではダメで、ドメイン込みの"KON¥AZUSA"としなければ、認識してくれません。新表記の"AZUSA@KON.local"は試していませんが、こちらでは、恐らくダメでしょう。
 それから、XP上で、新たなユーザーを作り、V33のログイン用にしようとしたら、パスワードのポリシーがどうとか、(たぶんサーバーが)難癖をつけはじめ、作れませんでした。ので、XPのデフォルト的ユーザーである(この例では)AZUSAを使うしかなさそうです。まぁ、どうせ「近いうち」にスタンドアロンになっちゃうんだから、いいですよね。ご参考までに[ひらめき]

ubuntu Server 12.04LTSのvsftpdにログインできないぃー。 [パソコン]

 ubuntu Server 12.04LTSにアップグレードしました[わーい(嬉しい顔)]。アップグレードの前に、調べてみると、「mysqlが動かないよ」とか、「grubが前のカーネルを見に行っちゃって、ハングるよ」とか、超ドキドキ[揺れるハート]でしたけど、始めてみると、半日で終了。「あぁよかった。」と、ほっとするのも束の間です。
 FTPクライアントから、サーバーにログイン出来ません[爆弾]。エラーログを見ると、

500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()

で、どうやら、12.04でインストールされるvsftpdのバージョンは、ユーザーのルートディレクトリが、書き込み可になっていると、ログインできないらしいのです。なので、vsftpdがサービスするユーザーディレクトリの属性を変更します。

chmod a-w /home/[user]

すると、今まで通り、ログインすることができるようになります。でも、ユーザーのルートには書き込み出来なくなります。んー、なんか不便かも[ふらふら]

プリンターヘッド洗浄液を使ってみました。 [パソコン]

PrinterHeadCleaner.jpg インクカートリッジの詰め替え派に、救世主現る? インクジェットプリンタのインク、高いですよねぇ[もうやだ~(悲しい顔)]。弊社も、某エ社さんの、インクジェットプリンタを使っているのですが、インクは、某ダイソーさんの、¥100-/1色の、詰め替えインクです。でも、「詰まるよ」という話しをよく聞きます。弊社でも、これが原因かどうかは、わかりませんが、詰まりました[ふらふら]
 で、純正のインクでも装填して、どうにか乗り切ろうと思い、インクを買いに行ったところ、「プリンターヘッド洗浄液」なる文言が、踊っているではありませんか。¥440-…。2回分?…。ちょっと高い?…。購入しました[わーい(嬉しい顔)]
 株式会社スマートスタイルジャパンさんの、品番:SJS-E002 の某エ社さん染料用です。「お客様の声から生まれた」とサブタイトルにあります。気持ちが、すんごくわかります。ちなみに、顔料用や、某キャ社さん用もあります。
 レビューです。内径2mm程の、シリコンと思われる、チューブがつけられた注射器に、2ml程、吸い上げるらしいのですが、ケチな私は、とりあえず1mlを吸い、チューブの先を、プリンタのインク吸い口の、突起に挿し、シリンダを押してみました。抵抗します。こういう場合は、詰まっているらしいです。ちょっと、シリンダを引いたり、押したりしてみます。すると、少しずつ、ジューッという音と共に、洗浄液が入っていくではありませんか。引くと、ジューッという音と共に、泡ブクブクします。「これは、(詰まっているのが)取れたな[るんるん]。」という感覚が、込み上げてきます。
 「ふふふ、これで、バッチリ印刷さ[手(チョキ)]。」と思ったのも、束の間。今度は、PM-2200Cのヘッド横送りのモーターが、ダメになった模様で、ランダムにマゼンダが、印刷されてしまいます[ちっ(怒った顔)]。調べてみると、PWM制御のパルスが、悪さをする様です。そこまで、オーバーホールしている元気はありません。折角の洗浄液も、新しいインクも、「はぁ…[もうやだ~(悲しい顔)]。」

NRKのクラシックネットラジオ局のURLが変わっちゃうんですよねぇ。 [パソコン]

 私のお気に入りのネットラジオ局に、ノルウェーのNRK Klassiskさんがあるのですが、何だか、しょっちゅうmp3再生のURLが、変わっちゃうんですよね。一応、旧URLでも、「URLが変わったよ。」というアナウンスが流れている様なのですが、何せ、言葉が全くわかりません。勿論、たどり着けません[もうやだ~(悲しい顔)]。で、その度に、「そう言えば、どっかに一覧のページがあったっけ。」と右往左往[モバQ]してしまうので、自分の覚書として、記して置きたいと思います。
  1. www.nrk.no にアクセス。
  2. "Radio" というボタンを探す。押す。
  3. "Nettradio i andre formater" というリンクを探す。押す。
  4. "NRK Klassisk" の欄を探す。
    • NRK Klassisk MP3 (lav) : たぶん低帯域用
    • NRK Klassisk MP3 (middels) : たぶん中帯域用
    • NRK Klassisk MP3 (høy) : たぶん高帯域用
    の、どれかのリンク先をコピーする。
  5. Windows Media Player なら、"Ctrl"+"u"を押して、その入力欄にペーストし、再生。
  6. 必要なら、ライブラリに登録する。

 ふぅ[たらーっ(汗)]。これで、右往左往しなくても、済みます(かな?)。

 私は、近代前衛クラシックが、好きではないので、古典的なクラシック(正にクラシック?)を多く流してくれる、この局がお気に入りなのです。まぁ、たまには、調も拍子もわからない様な曲がかかりますけど。
 それにしても、前衛の「キンゴンカンゴン、デンドンデンドン、ジャン![演劇]」とかいうのの、どこが良いんでしょうねぇ。人それぞれと言えば、それまでですが…。

 という訳で、クラシックのお好きな方には、おすすめの局(もちろん無料)ですので、お試しを。[るんるん]

spamhaus.orgがスパムメールサーバ扱いするので送れないぃー! [パソコン]

 「おまえんちのメールサーバーは、スパムをまき散らす極悪サーバーじゃ。よって、そのIPアドレスをリストに載せて、晒してくれるわい。わはははっ[台風]。どうじゃ? ワシのリストを参照しているサーバーには、メールが送れまい?」という高笑いが聞こえてきそうですが、弊社じゃないですよ。弊社のお客さんのサーバーが、こんな扱いになっていました。弊社のサーバーは、元々メールが送れません[もうやだ~(悲しい顔)]。しかし、誰が、何の恨みがあって、リスト[メモ]に載せちゃうのか? ロボット[目]が自動で載せちゃうのかな?。
 さて、折角固定IPを契約して、自社(自宅?)サーバで、メールをやりとりしているにもかかわらず、こんな目に遭う事がある様です。真っ当な仕事のツールとして、メールを使っている方は、たまったもんじゃありませんね[ふらふら]
 で、「なんだか、メールが送れなくなった。」「なんだか、メールが着くのが異様に遅い。」という場合は、サーバーのログを見てみましょう。こんな一文がありませんか?

www.spamhaus.org/query/bl?ip=xxx.xxx.xxx.xxx\r

 弾かれてます[爆弾]
 という訳で、そのブラックリストから、外してもらいましょう。

  1. www.spamhaus.org にアクセス。
  2. 'Block List Removal Center' をクリック。
  3. 'Enter an IP Address' に、メールサーバーのグローバルIPアドレスを入力して、'Lookup' ボタンをクリック。
  4. 例えば、'xxx.xxx.xxx.xxx is listed in the PBL' と出てきたら、その下の 'PBL######' をクリック。
  5. 'Removal Procedure' の画面で、'Remove an IP from PBL' をクリック。
  6. 'PBL Self Service IP Removal' の画面で、'If you have understood this page, click below to begin the removal process:' の下の 'I have read and I have understood this page' の、チェックボックスをチェックして、次に進みます。
  7. 次の項目を埋めます。
    • IP Address to remove : メールサーバーのグローバルIPアドレス。
    • Your Email Address : あなたの受信できるメールアドレス。適当はダメ。後で、Verify Codeが送られてくるので、必ず受信できるものを入力する。
    • This IP is in Country : Japan(ですよねぇ)
    • This IP Address is : Static(固定IPアドレスの場合)
    • This Ip Belongs to : A Mail Server(ですよねぇ)
    • Numbers Picture : 数字
    • Enter the Numbers shown : 'Numbers Picture' に表示されている数字を入力。
    以上を埋めたら、'Submit' ボタンをクリックして、少し待たされます。
  8. 'Verify Your Removal Request' の画面になったら、さっき入力したメールアドレス宛てに、5桁の数字が送られてきているはずです。
  9. 'Enter your 5-digit code' に、その5桁の数字を入力して、'Finish' ボタンをクリック。
  10. 'Removal Control' の画面で、'Request Accepted' と表示されれば、終了です。

 ふぅ、お疲れ様でした[いい気分(温泉)]

Ubuntu 10.04 LTS で .rar ファイルを開きたいぃー。 [パソコン]

「.rar ファイルを開きたいぃー。」と叫んでいる貴殿は、怪しげなファイルを解凍したいのでは…。
あぁ、いえ、野暮な詮索はしない事にしましょう[わーい(嬉しい顔)]
どうやら、p7zipという[無料]アプリケーションが良さそうです。

  1. Synaptic パッケージ・マネージャを開きます。
  2. クイック検索の欄に、'p7zip' と入力。
  3. 'p7zip-full' と 'p7zip-rar' が出てきます。 どちらもクリックして、'インストール指定' します。
  4. '適用' ボタンを押せば、後は道なり(?)で、インストール終了です。

で、試してみたら、書庫マネージャで無事、解凍できました。

 はじめ、'non-free'なんて単語が踊っているので、「んんっ? シェアウェアかな?」と思ったのですが、どうやら、Debianの世界では、何やらフリーソフトも規格(?)があるらしく、それから外れていると、フリーウェアソフトなんだけど、純粋にフリーではない(?)なんて扱いになるらしいのです。まぁ、再配布とかしなければ、これと言って、問題無い様です[手(チョキ)]。安心しました。
 本家(?)の'unrar'のエンジンでも使うのかな、と思ったのですが、そうでもなさそうで、インストールされませんでした。'p7zip'は、他にも解凍できる種類がある様ですので、なかなか優秀なソフトなんではないでしょうか。ご参考までに。

Ubuntu10.04 Firefox で、古いバージョンのFlashから更新できない時 [パソコン]

 Ubuntu10.04LTS Desktopで、Firefoxの3.6を使用しているのですが、セキュリティーホールになりやすいFlashプラグインが、なぜか最新版に更新できませんでした。[もうやだ~(悲しい顔)]
 FirefoxでのFlashはアドオン扱いなので、「アドオン」「プラグイン」の「更新を確認」で、もじらのプラグインチェックに飛んで、チェックするのですが、「最新版を入手」が出てきます。そこで、そのボタンをクリックすると、アドビさんのダウンロードページに飛ぶので、「ダウンロードするバージョンを選択して下さい」から、「Ubuntu8.04+用 .debファイル」を選び、ダウンロードすると、パッケージインストーラが起動し、インストールできるはずなのですが、インストールのボタンが無効になって、できません。[ふらふら]
 どうやら、最新のバージョンが既にインストールされている事になっているのが、嫌らしいので、Synapticパッケージマネージャから、「flash」のキーワードで検索して、「flashplugin-installer」を見つけて、削除してしまいます。それから、また、Firefoxに戻り、プラグインの更新を確認して、アドビさんからダウンロードすると、インストールできる様になっているはずです。[わーい(嬉しい顔)]
 ちなみに、10.2.152.27では、パッケージ名が、「adobe-flashplugin」に変更になっているみたいです。なんにしても、硬いと定評のあるLinuxですが、プラグインが盲点になってしまう可能性がありますからねぇ。気をつけたいものです。

その後のFlash更新方法を読む


NEC LaVie の地デジ.BS.CS ワイヤレスTVチューナ PC-AC-WT001C インストールのコツ [パソコン]

 いやはや、こんな解りやすそうな雰囲気のインストーラで、つまずくとは[もうやだ~(悲しい顔)]
 さて、この NECさんの地デジ.BS.CS ワイヤレスTVチューナ PC-AC-WT001C のインストールは、マニュアル通りに操作しても、うまくできません。Windows Media Center 上でインストーラが動くので、嫌な予感はしたのですが、なんと、もはや[たらーっ(汗)]。Media Center 上で、半ハングるではありませんか。"戻る"しかできないなんて[ふらふら]、もちろん、インストールは完了していない模様です。しかも、そうなると、何度インストールしようとしても、チューナが認識してくれなくなったりします。
 で、"1度でも失敗してしまったら"の、対処法は『本体の工場出荷時初期設定ボタンをブチッと押す。』、それから、インストーラを立ち上げて、何が起ころうと、『次へ進むボタンを押す。』、それが、インストール成功への近道です。途中、BSの電波レベルがゼロ、なんて言い出しますが、無視[わーい(嬉しい顔)]。アンテナ線が接続されていて、電波さえ来ていればOKです。戻ってもいけません。何の確認もしてはいけません。とにかく、最後まで進んで、終了させる事が良い様です。
 無事、インストールが終了すれば、電波レベルゼロなんて言っていたBSも、見られたりしちゃってるはずです。で、その視聴ソフトですが、NECオリジナルのソフトと、Media Center どちらでも、視聴可能の様ですが、付属アプリで見ていて、操作をちょっとすると、Media Center になってしまったりして、難解この上無い印象です。しかも、オリジナルのデスクトップテーマだと起動しない[爆弾]とか、面倒な事を言い出します(タメ息)。
 さて、新品フルセットで購入した人はいいのですが、これから中古を狙おうという方は、マニュアル[本]がついているかを確かめましょう。無線LANの部分も解りづらいので、マニュアル必須です。というか、無いとお手上げです。では、良いパソコンライフを・・・。

前の10件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。